スキニーライフBLOG.

失敗は成功のもと。とはいえ、誰もが恐れるのが失敗です。そんな失敗を回避すべく、ボク自身の経験・体験を包み隠さず綴ることで、みなさまの反面教師になりたいと思います。雑記。        #脱サラ #転職 #起業 #依存症 #スキニーライフ

断酒はじめました。

スキニー♂です。

 

 突然ですが、皆様の周りに「アルコール依存症」の方はいらっしゃるでしょうか。

さすがに、自ら名乗り出るひとはなかなかいませんが、やたら飲み会に誘って来たり、毎回ほぼ必ず絡み酒やブッ潰れる、いわゆる「あいつ、アル中じゃね?」みたいな人は数多くいると思います。自分の家族や友人、恋人がそんな感じでお悩みの方もいらっしゃることでしょう。

 

そんな皆様に一言だけ。

 

アルコール依存症は完全に【病気】です!

飲み会の時なんかの、周りから「もう今日はこれくらいで帰ろう」みたいな諭しはほぼほぼ通じません。

状態的には、自制心1%<アルコールによる支配99%になってしまうのがアルコール依存症です。

よくSF映画である、体の中の脳ミソ君みたいなキャラに操られるみたいな感覚ですね。

 

ただただトメラレナイ。それがアルコール依存症です。

 

そうなってしまうのには色々と理由があり、なにかしらの因果で精神に異常をきたしてアルコールを欲してしまう場合がほとんどです。

日頃のストレス不安の解消にと、習慣的に「味わっていたお酒」から「酔いつぶれて死ぬまで離れないアルコール」という状況に陥る可能性は、現代社会では正直誰にでもあり得ます。

 

ボクの場合も、幼少期や新入社員時代の出来事やトラウマからうまく抜けられずにパーソナリティ障害を発症しました。そして、その状態で毎日を普通に送るのが困難となり、アルコールを飲んでは一時的に楽になりその後強烈な罪悪感や不安感に襲われていました。

 

「あいつは酒ばっかり飲んでだらしないやつだ」なんて後ろ指さされていましたし、気にはなっていましたが、もう酔わないと居てもたってもいられなくなっていました。

 

アルコール依存症は、単なるお酒好きな人ではありません。

脳が侵され、アルコールという物質をほぼ無意識に取り入れたがっている患者です。

ボクの場合は、急性肝炎で2週間の入院を余儀なくされておきながら、退院10日目には飲み屋にいました。

 

また、最愛のパートナーにでさえ手を挙げてしまったこともあります。本当に人として最低だ、いやもはや人ではないよな、なんて自暴自棄になってはまた酒を飲み、一時的に不安を落ち着かせるも、また記憶をなくすほどに酔わなきゃ気が済まない。

そんな無限ループな状態になるのがアルコール依存症です。そして、この辛さはアルコール依存症の人間以外にはなかなか理解されない、そこが辛いんです。

 

「じゃあ、思いきって酒やめたら?」

 

これは、はじめのうちにパートナーから言われていた言葉です。

はっきりいって、これは禁句であり、意味がありません。なぜなら、脳がアルコールに侵されているような状況であり、当の本人は本当は飲んじゃいけないという自責の念は相当持ち合わせているからです。

 

じゃあ、なんでやめないの?それは、アルコール依存症者が急に飲むのをやめると「離脱症状」に襲われるからです。手足の震え、動機や息切れ、発熱など、、もっとひどくなると幻覚や幻聴も発症してしまい、それがあまりにも辛くてまたお酒を飲んでしまうのです。

 

ちなみに、ボクの場合は「あまり離脱症状を発症しないうちに断酒を始める」ことに成功しています。どういうことかというと、ボクの体験したゾーンは「酔って記憶をなくし暴言・暴力を振るう」というところまででした。(十分最低ですが)

 

それ以上、つまりアルコール依存症が進行すると、ほぼ24時間飲んでいるような生活になります。散々飲んでそのまま寝落ちして、昼前あたりに目を覚ましてそのまま迎い酒、また寝て夜に起きたらまた飲酒再開といったものです。

 

ボクは、このゾーンに行く前にパートナーの支えがあり(ココが重要)アルコール依存を「自覚」することができました。なので、そのゾーンまでいった場合の離脱症状は、計り知れない辛さだと思います。

 

アルコール依存症は、本人のみならず家族や友達も相当辛い思いをしてしまう病気です。まだまだアルコール依存症に対しての認識は広まっていないので、当ブログを通じて、今後の中でも理解を広めて頂けたらと願っています☆

 

明日より仕事が多忙すぎるため、次回更新は少し遅れます。。すみません!