スキニーライフBLOG.

「余計なモノと思考を持たず、自分サイズに暮らす」そんなスキニーライフを送るスキニストのBLOGです。シンプルに暮らすことで幸福度はあがります。ボクのスキニストとしての体験段を交えながら、自分のサイズを知った上で自己実現していく方法を紹介します。 《脱サラ・元起業家・依存症・メンタルヘルス・心理学》

断酒継続23日目の様子。

こんにちは、スキニー♂です。

 

断酒を決意してからたったの23日しかたっていませんが、ボクの歴史からしたら大したもんだ!ということで、一応ではありますが今の身体的&精神的な様子をお伝えしたいと思います。

 

f:id:nishijima150907:20170731093217j:plain

 

まずは身体的な様子ですが、驚くほどすこぶる元気です。

 

鏡をみると一目瞭然なほど、顔にやつれや疲れがなく朝からヤル気と覇気にみなぎっている感じがします。

 

肌も、アルコール漬けの頃はいくら化粧水を塗りたくっても時間とともにカサカサしていましたが、今は最悪化粧水を塗り忘れてもある程度瑞々しいです。

 

また、以前は夕方過ぎにはとっくに疲れていて外出する気にもならないほど体力が無くなっていましたが(酒を飲むと復活!無駄に飲みに出ては、そこから散々酔って終いはブラックアウト)、今は仕事終わりの22時からでも全然遊びにいけるほど体力が回復しました。もちろんノンアルコールでアクティブな遊びです。

 

これはプチ自慢ですが、ここ数年飲み続けているときは100%言われなかったのですが、最近では奇跡的に「さわやか系イケメン」と評されるまでに外見が変化したようです。

 

「酒を飲むは時間の無駄、飲まぬは一生の無駄」なんて謎の格言を聞いたことがありますが、酒について論ずる時点で無駄だと感じるようになるほど、断酒によるメリットのほうが多いことがわかりました。

 

 

 

次に精神的な様子ですが、こちらも健康そのものではありますが、「ただ落ち着いている」という表現が最もふさわしいのかと思います。

 

それはなぜか。答えは「フツーに気が付いたら酒のことを考えているときがある」からですね。

ただし、あくまでボーっと頭をちらついている程度のものであって、病的にアルコールを欲している感じではありません。

 

断酒というものには「離脱症状」がつきまといます。

 

これにはかなりの個人差があるようで、手足の震えや汗が止まらないうえ幻覚や幻聴に襲われる人もいれば、ボクのようにたまには飲みたいなーくらいの飲酒欲求で収まっている場合もあるので、一概には言えませんが、どのレベルであれ悩んでいることは共通かと思います。

 

結局のところ、アルコール依存における精神衛生は「時と場合に大きく左右される」ものであるので、明日はどう転ぶのかが正直わかりません。

 

 

 

一見すると健康そのもの、だけど内には予測のつかない恐ろしい時限爆弾が仕込まれている

 

そんなパラドックス的な状況を再確認した、23日目でありました。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」