スキニーライフBLOG.

「余計なモノと思考を持たず、自分サイズに暮らす」そんなスキニーライフを送るスキニストのBLOGです。シンプルに暮らすことで幸福度はあがります。ボクのスキニストとしての体験段を交えながら、自分のサイズを知った上で自己実現していく方法を紹介します。 《脱サラ・元起業家・依存症・メンタルヘルス・心理学》

凡人でも即実践できる多動力。

全産業の`タテの壁` が溶けたこの時代の必須スキル

f:id:nishijima150907:20170805103607j:plain

 

堀江さんの考え方、生き方やビジネスについて完全に心酔しきっているボクは、ある種堀江さんの真似っこをしながら生きています。

ほぼ信者といっても過言ではありませんが、あくまでボクのような凡人クラスの人間の場合は過度に入れ込みすぎてはいけない部分も当然でてきます。

性格・生まれ育った環境・学生時代の過ごし方などどれをとっても十人十色な事実を捻じ曲げることはできないからです。

そんな中でも、「多動力」に書かれている事項の中で「これは凡人でも即実践可能」と「現状でこれは不可能」な箇所を抜粋して紹介していきたいと思います。

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

【即実践していきたい5項】

寿司屋の修行なんて意味がない

以前、ツイッターで「寿司職人が何年も修行するのはバカ」と投稿したら

炎上した。しかし、僕は未来ある若者が卵焼きを作るのに何年もの無駄な

時間を費やすのを見ていられない。

 ボクはこの部分は完全同意しています。オジサンたちが作り出した謎の経験則に当てはめられても困りますよね。今はネットで調べれば、魚のさばき方から包丁の研ぎ方まで何でも調べて即実践できます。ボクの場合、you tubeを流しながら油圧ショベルを全くの未経験で操りました。「誰でもやればできる」という言葉に真実味がONされた形の時代ですので、自分で達観したら次のステージに駆け上がりましょう。

 

 ②見切り発車は成功のもと

絶対に完璧なものを作ろうと5年間準備に費やして第一回のフェスを迎えるよりも、見切り発車でも、不完全でもいいからとりあえずやってしまって、5年間トライ&エラーを繰り返したフェスのほうがクオリティも高く、お客さんも集まるものになるだろう。

見切り発車は、世間的にはまだまだ「落ち着きがなく、計画性のないダメな行為」とされていますね。ただ、これからの時代は色々と待ったなしなわけですから、大なり小なり「仕掛けたもの勝ち」です。消極的になって机上の空論ばかり並べることのほうが「形として何も生み出していない」という本末転倒な状況をつくるほうがよっぽどアホらしいので、アイディアが浮かんだら瞬間で具現化しましょう。 

 

まずは、一つのことにサルのようにハマれ

「ハマる」ことも才能だ。僕のように何百ものことにハマるためには

まず一つのことに徹底的にハマってみよう。バランスなんて考えず

偏って、極端に。

ボクは純血のB型の人間ですが、それが幸いしてか昔から「一つの物事にマジでハマる」ことには長けていました。一度始めたものは、ある程度までは上達ないしは形になります。いわゆる器用貧乏というやつですが、器用もボーダーを超えると貧乏ではなくなります。視野が広がり、単純にスキルが増やせますので多動力を発揮しやすくなります。趣味でも仕事でも、寝食を忘れるほどハマると気持ちがいいものです。 

 

仕事の質は睡眠で決まる

「よく寝る」は基本。「多動力」を発揮するために

睡眠時間を削るのは本末転倒だ。

よく寝てこそ、超人的なスケジュールをこなすことができる。

必要な睡眠時間には個人差がありますが、ボクの場合は7時間が適性睡眠時間です。あくまで自身の経験則のみの判断ですが、7時間を切るまたは超えても身体の不調を感じます。多動力を発揮し仕事を効率よく回すためにも、それぞれの適正な睡眠時間を毎日のルーティンとして取り入れるべきと思います。 

 

仕事の速さはリズムで決まる

大量の仕事をこなすために、必要なのは「速度」ではなく「リズム」だ。

「リズム」を乱す障害を取り除き、一直線に駆け抜けよう。

 どんな職種でも、普段よりも効率よくビジネスが回ると爽快な気分になるものです。多動力の実現のためには速度ではなくリズムが求められていますが、二つの差を考えるに「何も考えないバカ」が得意なのが速度を出すことで、「常に優先事項を考えながる頭の良い人間」がリズムよく仕事をしている点だと思います。後者で居続けることが、良い結果を生むでしょう。

 

【あきらかに無理があるもの】

経費精算を自分でやるサラリーマンは出世しない

ボクの会社は、個人精算が義務付けられている

電話をかけてくる人間とは仕事をするな

ほとんどの会社が、まだ電話やり取りが主流のため

大事な会議でスマホをいじり勇気を持て

怠惰な印象を持たれるため、出世に不利になる

おかしなヤツとは距離を取る

店舗単位での仕事の場合、おかしなヤツこそ仲間にする必要がある

一晩10軒以上をハシゴしろ

 経済的に続かない

 

起業家でもサラリーマンでも、それぞれの実力を把握しながら上手に「多動力」を

とりいれて、仕事もプライベートも充実させていきたいですね。

それぞれの「成功の形」をつくっていきましょう。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」