SKINNYsizeBLOG

人生再起動中の元起業家ネカフェ民♂29のブログ。脱サラ・起業・転職そして依存症の体験から「若年層の起業応援」や「依存症克服アドバイス」を実施。

polcaって結局、積徳の指数ですよね。

 

ブログチーム発足のためのタブレットが欲しい - polca(ポルカ)

 

Twitter上で最近とても賑わいをみせているのが、クラウドファンディングなどの事業を手がけるCAMPFIREが新たにスタートさせた「フレンドファンディングアプリ」と銘打たれた【polca】ポルカです。

f:id:nishijima150907:20170813162150p:plain

 

友達の「フレンド」と資金繰りの「ファンディング」を合体させた造語で、友人や知人など、自分のコミュニケーション範囲にいる人たちに対してごく少額のクラウドファンディングを実行できます。iOSとAndroidの両方で利用可能なアプリのダウンロードは無料で、特に運営側の審査などもなく気軽に始めることができます。

 

このサービスでは、誰かのファンディング情報の検索ができないところが非常に面白いところです。電話番号による認識機能を採用していることもあって、無駄にSNSを介することなく支援募集ができる。なので、あくまで「仲間内で盛り上がろう」的な趣旨も感じ取れるものになっています。

 

そのため、目標金額も300円~10万円が範囲となっていますので、小目標を叶えることがゴールになります。

そして、支援金をくださった方々に対しては、「オリジナルなお礼」をお返しに感謝のキモチを表現します。これは、オーナー自身で設定していいものなので、本当に自由です。Twitter上で見渡したとこ多そうなのが、「自分のブログSNSで支援者についてアピールする」系の文言です。現にボクも同様のお礼を設定させて頂いております。

 

気になる「お願い」についての部分ですが、まずボクの場合は、ブログチームを立ち上げて社会貢献や地域貢献することが現状の目標なので、そのための武器となる「タブレット」の購入資金を募っています

いまの住まいが東北の田舎で引っ越してきたばかりということもあり、まだまだ知り合いや友達がいないのでpolcaによる支援要請は難しいものがあるため、Twitter上で公開させて頂いております。(ツイッターも再開したばかりですが。。)

 

その中で、フォロワー様たちのTLをみてみると「財布を落としたため支援金を」や「靴に穴が開いたので」など、割と自由かつ素直なお願いが目立ちます。

そういう場合、往々にして「自分でどうにかしてよ」なんて今までだったら蹴り棄てらてきたような概念も、このフレンドファンディングによって「ギブ&ギブおまけにギブ」という堀江貴文氏の名言によるところの世の中になっていくのでしょう。

 

間違いなく、ある種偽善を取っ払った住みよい世の中が形成されていくはずなのでワクワクが止まりません。

 

でも、支援要請をしたところで、誰でも簡単に助けてもらえるわけではないでしょうし、そんなに甘くないのが世の中です。

 

結局のところ、日ごろから「他者に対して自己のベストを尽くし切れているかどうか」に左右されてきますね。いわゆる「徳を積む」ということになります。

 

半ばワザとらしくでも構わないので、いつも他者を思いやって生きていれば、自然と信用されますし頼られる存在になれます。それイコール、自分も他者に対して頼ったときに助けてくれますね。そういう「積の指数」にpolcaはなります。

 

早速ボクも、今日この瞬間からあらためて積徳を意識しながら日々を送ります♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

クラウドソーシング「ランサーズ」