スキニーライフBLOG.

失敗は成功のもと。とはいえ、誰もが恐れるのが失敗です。そんな失敗を回避すべく、ボク自身の経験・体験を包み隠さず綴ることで、みなさまの反面教師になりたいと思います。雑記。        #脱サラ #転職 #起業 #依存症 #スキニーライフ

サラリーマンに告ぐ。早急にマインドセットから抜け出そう。

過労死、うつ病はこれまでは他人事。

いま思い知る、その辛さ。

 

心拍不安定、偏頭痛、そんな症状を肌で体感。

サラリーマンに告ぐ。早急にマインドセットから抜け出そう。

f:id:nishijima150907:20170818205455j:plain今日の午前中の10時まで、夜勤のパートスタッフの欠員フォローのため、厚労省がさだめる過労死ラインのノルマ達成に大きく寄与する労働をしていました。

(ちなみに、ボクのお仕事はいわゆるサービス業にあたります。居酒屋さんを想像していただけるとわかりやすいです

 

動き回るお仕事のため超肉体労働で些かつらいものもありますが、職場もいいチームプレーを組めてますし、困ったときは助け合いで頑張るのが素晴らしいことだと思いますので、めげずにやりたいなとは思います。

 そういうやりがい的な社畜魂にあえて片足を突っ込みつつ理性も保てているのも、ブログを書くモチベーションが大きいためです。ブログの力は偉大なり。

 

さて、勤務時間の詳細としては、15:00-01:00   3:00-12:00   22:00-10:00の3出勤分を約1.5日間に詰め込んだ形になりました。総拘束時間31時間を、睡眠時間約3時間で関羽千里行ばりに駆け抜けました。

 

あれ、意外とやれちゃうじゃん

 

これがマジメな感想です。さすがに三つ目の中盤くらいには脳があまり働かなくなったり動悸がしたりと明らかな異常を体感していましたが、目立つミスもなくミッションを終えました。

安心し帰路につきながら、ふと思ったことは

これ、過労死する人の感覚そのものじゃないか!」

ということです。

 

サラリーマンの大半の人が陥っている「過度のマインドセット」の実害そのものが過労死であり、一度でも空想のやりがいや責任感を背負わされたら抜け出すのは容易ではありません。

どんな職種についていても、自分が社長じゃない限り必ず自分を評価してくれる上司がいて、その上司の自分に対する評価を積み重ねた成果が昇進や昇給で表されます。サラリーマンである以上、生活のためにも絶対につかみ取りたい部分ですから、当然ながら自然と無理をするわけですね。その結果、肉体的・精神的に追い込まれて病んでしまい最悪の場合に病死や自殺に至ります。

 

ボクの場合は、今回ワザといま自分にかけられる最大の負荷をかけてみただけですのでご安心いただきたいのですが、いうなれば人体実験をしてみてわかったことは僕自身は2度とマインドセットされることはないということです。なぜかというと、一度脱サラしているということで、「会社のマインドセットをされているうちは120%成果はあがらない」という決定的事実を知っているからです。

 

サラリーマンという生き方を選択したのならば、そこでベストをつくし成果をあげまくるぐらいの気概がないと、ボクは少し寂しい気がします。

 

会社にとってのベストとは、なにも社畜になることではありません。本来のベストは売上や利益の予算、期間目標の達成を指しますので、そのための行動さえとれていれば他を抜きんでた成果をあげられるようになります。

 

そのために大事なことは ①空き時間に暇をしない ②情報収集のアンテナを張り巡らしておく ③なるべく規則正しい睡眠と食事  この3点に心がけてください。

 

②と③はよく言われることですので説明は省きますが、ボクの一番大事にしていることが①空き時間に暇をしない という部分についてはご説明します。

 

よく、「次の休み何しよう」とか「暇だからカラオケでもする」なんて言葉を聞きますよね。はっきりいって、ボクはそういう人を見て本気で心配してしまいます。

人の人生って、一度きりですよね。その中の儚い一日・一時間を完全にロスってることになります。時間のみならず、もっと有意義に使えたはずのお金もロスです。

 

実際には友達とわいわい楽しくカラオケをしているときはロスしている感覚はないかもしれません。

でも、自分で気づかない部分で生産的じゃないものに時間とお金を使ってロスしている状況によって、自分の中にある種の虚無感が残ります。つまり、まったくリフレッシュはできていないことになりますよね。

 

別に友達とカラオケはボクもたまに行きますので、それ自体は否定しませんし例として出した次第ですが、過労死する人間はその虚無感のようなものをハートに残したまま年間日数の大半の時間を会社に捧げるわけですね。だから、ゆとりがなくなるんです。

 

だったら、人に負けないぐらいハマっている趣味を持つとか、自宅でおいしいランチを自作してみるなど、いわゆるプライベートの過ごし方を変えるだけで、現状でマインドセットされている人も多少は変化があります。

 

自分の人生も、会社も豊かにできるヒト

 

そんな勝ち組になれるかは、自分自身の変化しか方法はありません。

 

最大級に輝きましょう♪

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村