スキニーライフBLOG.

失敗は成功のもと。とはいえ、誰もが恐れるのが失敗です。そんな失敗を回避すべく、ボク自身の経験・体験を包み隠さず綴ることで、みなさまの反面教師になりたいと思います。雑記。        #脱サラ #転職 #起業 #依存症 #スキニーライフ

マジ大丈夫かな。早朝勤務スタートでカラダとココロに異変がでている模様。

夜12時を過ぎたら深夜。

もう寝なきゃ!のリミットだった。

 

それが今では、夜20時には寝て3時半に起きている。

これまでの常識なんてあって無いようなもの。

今まさに、新常識を体感中。

 

f:id:nishijima150907:20170822045525j:plain

先月7月より今の職場に転職をして、もうすぐ2ヵ月が経とうとしています。

職種はサービス業、いわゆるインターネットカフェで業界最大手の会社になります。

親会社自体の資本力が安定しているため、その恩恵を受けている状態ですが、親会社所属の社員の教育の一部についてはボクのいる会社が請け負うなど、親会社としても時代を先読みしITないしはエンタメ業界に力を入れていく姿勢の表れかと思います。

 

さて、そんな感じでまだまだ状況としては手探りのまま全力で駆けている状態なのと、親会社がどうしても古風な部分を捨てきれていないことが重なって、オラオラな体育会系で気合を求めてくるのが、いまボクがいる会社です。

現有戦力の店長やSVをみても、あきらかに疲れ方が異様というかなんというか、すべからく無駄に老けているように感じました。

まぁ日々売り上げ必達を求められる中で、プライベートも捨てる覚悟の完全社畜さんもいることでしょうから仕方ないといえばそうなのでしょうが、ボクにはまったく理解できないし共存は無理ゲーだなと思った次第です。

とはいえ、ボクはまだ研修生扱いですので、勤務の仕方が荒れ模様過ぎて笑うしかないといった状況です。

朝だろうが深夜だろうが、人がいなければシフトに入り身体を酷使せざるおえない勤務形態になっていまして、まさにこれはブラック企業のマインドセット法そのものではないかと理解しATフィールドで食い止めていますが、わずかに侵入を許している状況です。

離職率が半端なく高い会社だけあって、流石だなとある種関心してしまっていますが、こんなものでボクを破壊されるのはたまったものではありません。

 

しかしながら、超過勤務と変則交代勤務による睡眠不足がいよいよもって表面化してきてしまっています。周囲からの評価としては、笑顔が消えた・笑顔が引きつっている・テンションが低い・目が疲れているなどなど挙げたらきりがないくらいまずは外見にでちゃっている模様です。

また、自分自身のメンタル的にも弱ってきているなと感じ始めています。まず、体調がまったくよくならないため何もする気にならない、または思い立ってもカラダがついてこないため、ブログを継続するための取材行為などに支障をきたしています。

おそらく、こういう勤務に追われプライベートを阻害されてカラダもココロもギリギリに追い込まれた状況に陥っている方が、過労死という闇へ誘う悪魔のささやきをうけてしまうのでしょう。

 

ぶっちゃけ、かなーりしんどいですね。気持ちがわかりますよ本当に。

 

ボクの場合は、向こう1ヵ月くらいは朝6時からの勤務にほぼ固定なので食生活でフォローしながら生活リズムを整えていけば改善に向かうとは思いますが、これはある程度の人生経験がなせる業でもあるので、新社会人とかずっとフリーターだった人とかにとっては正直相当しんどいと思います。

 

いまの時代の生き残りをかけた一般企業の教育方針とかって、おそらく大半がふるいにかけるために相当キツく設定してあるはずだからです。

そういった意味でも、起業のみならず転職や正社員登用のときは、必ずメンターをつけることをおすすめします。あらかじめ予備知識として積極的に情報をとりいれて自分自身のココロに耐性をつけておいた方が無難だからです。

 

あとは、乗り切れるだけのバイタリティーを養っておくことです。ランニングでもジムでも、趣味のテニスでもなんでもいいのでとにかくカラダを動かして基礎体力をあげておきましょう。それだけで、メンタルへのダメージ流入をカラダで食い止めることができるようになります。カラダが疲れやすいと、すぐさまマイナスエネルギーが体内に入ってきてしまうので気を付けたいところです。

 また、次のアクションを起こすときは、誰しもそれぞれの思いがあっての行動なことが多いです。そのためか大抵のことは乗り越えられる、大丈夫と考えてしまう方が非常に多いのですが、むしろ逆です。

これまでと違う環境に飛び込むことは相当な精神力と体力を削りながらになりますので、それまではタフでびくともしなかったタイプの人が急に鬱気味になったりしてしまうものなのです。

 

なので、環境をかえるときは自分自身も大きく変えていくんだという環境適応力の向上も同時に目指せると良いでしょう。

 

ストレスなく、過労死することなく各々が目標に向かえたら幸せですね♪

では、早朝勤務にいってきます。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村