スキニーライフBLOG.

失敗は成功のもと。とはいえ、誰もが恐れるのが失敗です。そんな失敗を回避すべく、ボク自身の経験・体験を包み隠さず綴ることで、みなさまの反面教師になりたいと思います。雑記。        #脱サラ #転職 #起業 #依存症 #スキニーライフ

「やめる」ことで人生を好転させるコツ。 ◇スキニーライフ◇

いつからか、なにげなく続けている事。

今の自分にとって本当に価値あるものなのだろうか。

 

もし、ただただ時間と金を費やしているだけと感じているなら

思い切ってやめることが正解かもしれない。

f:id:nishijima150907:20170908182542j:plain

◇スキニーライフとは◇

余計な「モノと思考」を持たずに、よりシンプルかつクリエイティブに暮らすこと。

 

 

みなさんの生活の中に、習慣化されたものはどのくらいありますか?

 

朝は必ず納豆と海苔をたべる食習慣や、週末はショッピングにでかける等の行動習慣など、気付けば色々な習慣が自動的に改廃されて、今のスタイルになっているはずです。

両親の影響など幼少期の暮らしによってほぼ当たり前のようになった受動的習慣と、つい2、3年前から意識的に始めたような自発的習慣が合わさることで個人個人の生活様式が成り立っています。

 

さて、十人十色な習慣がある中で、今みなさんが取り入れている習慣は果たして「なりたい自分の姿」を創るためのものになっているでしょうか?

 

例えるならば、本当は沢山の本を読むことで教養を深め自己を高めたいと思っているのに、友達の遊びの誘いを断れずに飲み会やカラオケなどに時間と金を無駄にしていませんか?

 

また、来月までにー5kgを目標にダイエットしたいのに、意に反して毎日お菓子をつまみながら部屋でゴロゴロしていませんか?

 

 もし、それらの行為が習慣になってしまっていて罪悪感も日に日に薄れるようになっていたら重症ですので、今一度自分を強くもち断ち切りましょう。

もっと端的な部分だと、タバコや酒、ギャンブルなど依存性の強い習慣は、仕分けるべき筆頭候補達です。

 

重症者はタバコや酒、ギャンブル全てを習慣化(=依存)してしまっている傾向が強く、通院治療を必要とするレベルになります。

 

まだ運良くそういう状況に至っていないならば、まずはどれか1つを「習慣から消去」してみましょう。言うほど決して簡単なことではありませんが、挫折を繰り返しながらもコツコツ意識してやめる方向にもっていきましょう。肉体的な健康はもちろん改善されますし、何より「やめることができたという達成感と確かな自信」という代えがたい財産を手に入れることができます。

 

他には、いつも大量に買い込んでしまうアウトレットやバーゲンでのショッピング。

家に帰って袋を開けて、一人ファッションショーをしてみたら「あれ?似合わないな」ってことありますよね。

その、まったく必要としない服に散財して、かつ部屋の面積を無駄に埋めてしまう習慣をやめるだけで、快適で過ごしやすい整った部屋と現金が手に入ります。

 

さて、今みなさん自身が気付いているがやめられない「悪しき習慣」があったとして

やめられるのならばとっくにやめているはずですよね。

明らかに意味を成さずにロスしていることに気付いていながらやめられないのは何故でしょうか?

それは、「やめることで得られる対価」というインセンティブ(誘因)がはっきりしていないからに尽きます。

 

例えば、先ほど挙げたダイエットの例では、痩せた方が見た目にも健康にも絶対にプラスだということは既に理解できているはずです。それなのに継続できなかったり、そもそも重い腰があがらないのは、「痩せることで得られる自分にとってのご褒美を設定していないから」に他なりません。

痩せることで、憧れのブランドを身につけたい。異性にモテたい。自己管理が行き届いているイメージを持たせたい。理由は何でもいいです、自分自身の人生を考えた時に

「見違えるほど輝いている自分」を限りなく具体的に、かつ大きな夢をイメージングしてください。

 

・憧れのブランドを着こなして街を歩いていたら、スカウトされてモデルになった。

・合コンに初めて参加したら、気付いたら周りを差し置いて一番人気になっていた。

・自己管理を認められて、要職に抜擢された。

 

などなど、どんなにスケールが大きくとも構わないので、夢を描いてください。

棒ほど願って 針ほど叶う

ということわざがあるように、大きな夢を望めばこそ、たとえ取りこぼしたとしても一部の小さな目標は叶えることができるはずです。初めから「私には無理」という思考が邪魔をしてしまっていたら、何も手にすることなく人生の幕を閉じざるをえませんよね。

 

人間は、遠くの目標を想像することが苦手です。だから、自分の予想の届く範囲でしか行動できないので「遠い未来よりも今を懸命に生きる」ことを選択します。

それもそれで至極当たり前のことなので致し方ありませんが、このような無駄の多い生き方をしてしまうと、結局のところ日々の中で失ったものをただ補填していくだけの人生になってしまいます。つまり、プラスマイナス0ですね。

 

どうせ一回きりの人生を謳歌するのであれば、決して大きなものでなくとも日々の中で小さなプラスを積み重ねながら生きた方が幸福度が増します。

ボクは、これを「幸せ貯金」と表現しています。

 

それには、意識だけでも毎日プラスを生むような生活を心がけましょう。

そうしているだけで、まずは放つオーラが変わってきますし何よりもエネルギーが自然と沸いてきます。気付いていながら悪いことをしてしまう時って、脳内のモヤモヤがいつまでも消えずに残ってしまい、やることなすこと何もかも上手くいかなくなる時がありますよね。

 

やめるのも、自分を変えるのもとても勇気とエネルギーを必要としますので一筋縄にはいきませんが、思考と習慣をリフレッシュさせることで100%日々の暮らしと人生そのものが好転します。

今一度ご自身の習慣を見直して、悪いものは思い切ってやめてしまいましょう。そうしてよりより快適な生活を手に入れて、「最高に輝く人生」を実現しましょう♪

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

人生を変える習慣のつくり方

人生を変える習慣のつくり方

 
まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣