スキニーライフBLOG.

失敗は成功のもと。とはいえ、誰もが恐れるのが失敗です。そんな失敗を回避すべく、ボク自身の経験・体験を包み隠さず綴ることで、みなさまの反面教師になりたいと思います。雑記。        #脱サラ #転職 #起業 #依存症 #スキニーライフ

【絶対保存版】超低予算で10坪カフェバーをつくるトリセツ。ーワクワクDIY&お買いもの編ー

人生は一度きり。

見たいものを見て、やりたいことをやればいい。

失敗したら、確かに誰かにその分負荷がかかるかもしれない。

でも、それを理由にして動かないのは、単に怠惰なだけ。

 

迷惑をかけたら、その倍以上の恩で返す努力をするだけだ。

時間は有限。一分一秒が本当に貴重だからこそ、今しかない。

f:id:nishijima150907:20170916122457j:plain

 

さて、前回までは「コンセプト」と「場所・物件・予算計画」について触れてきました。店舗運営にとって大事な「経営指針」になるコンセプトと実際に仕事をする「」が決まったところで、今回はいよいよ店舗作りについての中身に入っていきます。

 

☆前回までの過去記事☆↓↓↓

www.skinny-blog.livewww.skinny-blog.live

 

 ◎導入&読みどころ

今回は、「ワクワクDIY&お買いもの偏」と題しまして、物件の内外装の工事のほとんどを自力で行うことで「低予算で夢の空間を実現&確かな実行力が身につく」という一石二鳥で成長に結びつく部分をご説明したいと思います。

ちなみに、ボクが独自のノウハウで実行した際は、内外装(厨房設備除く)のトータル金額が大体130万円ほどで収まりました。ここに、ボク自身の人件費として1ヵ月20万円×2ヵ月で40万円をオンしても170万円ほどになります。

もし、内外装を専門業者に依頼したとすると、10坪程度の物件でも、運良く最安値で300万円はかかり、おおよそ400万が相場となっています。(地方と都市部では相場が変わる。) しかも、専門業者に依頼すると、その業者同時の仲間内で仕事を振られるため、無駄に人件費や材料費が上乗せされるため当初の見積もりよりも実費が増える可能性がかなり高いです。はっきりいってタチが悪いですし無駄金ですので、多少物件の坪数が広めでも、自分でやれちゃうのなら「まずは自分でやる」という選択肢を取っていただきたいと思います。浮いた分のお金で、お客様の目を引くようなインテリアや初回オープン時のノベルティやDM作成を強化させたいところです。

それでは早速、本題に入っていきます。

 

①各種DIYをはじめる前に

みなさんは、DIYをしたことがあるでしょうか?そもそもDIYとは、英語の「Do it yourself」の頭文字をとったもので、「自分自身でやる」という意味の言葉です。

家庭の日曜大工のようなものから、PCの自作や植木の手入れに至るまで、その定義は幅広くなっています。

その中で、今回は「壁紙貼り」「床材貼り」「天井塗り」「外壁塗り」を行うわけですが、みなさんの中にはこういった大掛かりな作業は素人では無理でしょうと考える方が多いと思います。ボクもその最初はその一人でした。自宅の一室ならまだしも、お客様を迎え入れる店舗の工事を素人がやるなんて、、なんて思っていました。うん、懐かしい。笑  

ボク自身トライして作業自体の大変さは身に染みたので、もちろん長年修行を積んだ職人さんには敬意を払いつつ言います。

「誰でもできます。」

これは大げさじゃありません。本当です。

私には無理、みたいな思考さえ外してしまえば後はノリと気合でどんどんコツを掴めます。自分のココロのブレーキを外して成長するためにも、積極的にトライしましょう♪

 

②まずは仕入れ!見積もりを試算しよう

やる気に満ちたところで、早速DIYをはじめていきたいところですね。

では、まずは各工事に使用する材料の見積もりを出してみましょう。

例えば壁紙や床材であれば、幅何cmのものを何m用意すればいいのか。あるいはペンキであれば、どの容量を何缶あれば足りるのかを大体で構わないので、試算して見積もりを出しましょう。

その際、ボクが利用したネットショップの商品や役立ち情報を是非参考にしてみてください。

item.rakuten.co.jp

こちらの「壁紙屋本舗」さんでは、こちらの使用するシチュエーションのそれぞれに対応した説明文やカテゴライズがされていて、非常に選びやすくなっています。初心者にとても優しいショップです。無地や柄物など、選ぶ種類によって必要な長さが変わってきますから、よく参考にしながら購入につなげてください。

 

③資材はクレジットカードで購入し記録する

新たに店舗を立ち上げるにあたっては、様々な「買い物」が発生します。それは、大きなものから小さなものまでありますが、キャッシュではなくクレジットカードでの支払いに統一させるのがベターです。

それは何故かというと、開業を目指しているということはサラリーマンではないため「領収証や入出金の管理」は必須になります。そのため、ただでさえバタバタする開業準備期間に「あれ、いくら使ったか覚えてないな」なんてことになると自分の首をしめることになりますので、すべてカードで支払うことで履歴が残るのでお金の管理が格段にしやすくなります。領収証に関しても、そこで買い物したか履歴さえあれば後発行も大体が可能ですので、是非専用のクレジットカードを1枚作っておくことをオススメします。

 参考までに、ボクが事業決済に役立てているクレジットカードを2種類紹介しておきます。どちらもしっかりした特典内容等を備えているのでよりオススメです。

 

 ◇◆◆楽天カード◆◆◇

楽天カードのポイント

キャンペーン期間中に入会された方にはもれなく、
楽天市場で使える2000円分の楽天スーパーポイントプレゼント中

 壁紙などの資材やキッチン用品、インテリアなどの買い物をするショップが豊富な楽天のカードですので、事業決済にジャストフィットなブランドです。

 

◇◆◆ワイジェイカード◆◆◇

 ◆ワイジェイカードのポイント◆
いわずとしれたYahoo! JAPANが運営するクレジットカード。
ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCB。
年会費永年無料。
お買い物100円毎に1ポイントたまるYahoo!ショッピングでのお買い物なら、 なんと通常の3倍の高還元率!
プラチナ補償も最大3ヶ月無料

 Tポイントが一番たまるクレジットカードです。

 

ボクのクレジットカードの使い方としては、立ち上げまでの事業決済に楽天カードを使用して、開業後からの仕入れにはワイジェイカードを使っていました。理由としては、資材を購入していたオンラインショップが楽天ショップが多かったことと、開業後の毎回の仕入れによってTポイントが瞬く間に溜まっていくのがある種の快感だったからです笑。 みなさんは自身の方針や状況に併せた利用をしてみてください。

 

④まずは天井!素人はペンキで塗るのがベター

さぁ、クレジットカードを作ったらいよいよ夢と希望に満ちたワクワクDIYのスタートですね♪

そもそも天井は、使う色によってお店の雰囲気を左右する大切な部分になってきます。明るい雰囲気を全面に出したいなら、光を反射する白系を選びますし、シックで隠れ家的なイメージを持たせたいなら黒系を使ったりと、最初に打ち出したコンセプトにより近いカラーを選択しましょう。

また、天井はペンキで塗る方法のほかに、壁紙を貼る方法もあります。

ボクは、素人からのスタートだったのでペンキ塗りを選択しました。ボクは以下の解説動画を参考にしましたが、時間と作業効率を考えて決めました。腕に自信がある、または仮に廃業した際の原状回復時を考えて「剥がせる壁紙」を使いたい方は、是非壁紙貼りにチャレンジして頂きたいと思います。

 


大田区のペンキ屋【内装塗装】ペンキの塗り方 基本編 天井塗装

 


RESTA DIY講座 天井壁紙の貼り方

 

ボクが天井を塗装した際は、二度塗りまで含めて3日間かかりました。ちょうど天候が雨だったのでこのくらいでしたが、晴れていれば2日間で仕上げられると思います。

体験した上でのコツとしては、ペンキが飛び散りやすいので、しっかりと養生することと、天井に向けて塗るので自分に向かって垂れてくることがあります。当然ですが、ツナギなどの作業服や頭に巻くタオル、それからすぐに洗えるように水は必ず用意しましょう。(開業準備中は、完全な居抜きの場合を除いて、シンク取り換えなどの工事を同時に進行させるので、その間水道が使えない場合があります。)

 

記念すべき最初の作業になるので、気持ちを込めて行いましょう♪

 

⑤壁紙貼りを楽みながらマスターしよう

天井を仕上げたら、今度は内壁の壁紙を貼っていきます。自宅のプチリフォームなどで壁紙を貼ったことがある人なら経験があると思いますが、その作業自体は案外シンプルで難しくはありません。壁紙用のノリ剤を壁紙の裏に均一に塗ったら貼り、また次の壁紙を貼っていくという単純作業になります。ただし、ボクがトライした時は最初の2枚はゴミにしてしまいました。

ここで、壁紙貼りの参考動画をみて頂きたいと思います。


RESTA DIY講座 壁紙の貼り方(出隅の処理方法)

 

こちらのRESTAさんによる参考動画は、実際のショップが無料で出しているものなので非常に参考になります。作業手順の紹介速度もちょうどいい感じなので、実際に作業する際にも役立ちます。

今回紹介の動画は壁紙貼りの中でもテクニックとセンスを試される出っ張った部分への貼り方をレクチャーしたものですが、基礎的なものを扱った動画もあるので、是非参考にしてください。

ボクが実際に壁紙貼りを行った際の体験談になりますが、ボクは作業箇所によって壁紙を使い分けました。単純に四方の壁に使ったのは「ノリ無しタイプ」で、トイレ内の狭く細かい箇所には「ノリ付きタイプ」を使用しました。

ノリ無しタイプは、文字通り自分でノリを刷毛で均一に塗って、乾く前に手早く張り付けるというものです。メインの壁に貼るので、ある程度スペースを使って作業できるのので、素人でも扱えました。ただし、まっすぐ天井から曲がらないように垂直かつ空気が入らないように手早く行う必要があるため、最初の1・2枚は犠牲にするつもりで仕入れをしてください。

トイレや柱周りなど、細かい箇所は若干割高にはなりますが、最初から裏にノリがついた状態で売られているノリ付きタイプを使用することをオススメします。これは、裏のフィルムを剥がしたらそのまま貼れる優れものです。使用道具は共通ですので、何も戸惑うことなく作業可能です。

お客様が店内に入って「最初に感じる印象」になりうるので、気合とまごころを込めてせっせと貼りましょう♪

 

⑥難関?床材貼りは気合で乗り切る

壁紙まで貼れたら、内装の最後の砦「床材貼り」です。みなさんも外食はされると思いますが、よくお店で木目調やレンガ調の床を見かけたことがあると思います。

あれは、「塩化ビニール素材」というものを使った床材で、一般のご家庭なんかでもプチリフォームで使われたりします。ただのコンクリートの床などにも使用できるので、比較的安価にお店の雰囲気を足元から演出できます。本当の木材などを使用したら予算がいくらあっても足りませんので、非常に助かるのが塩ビの床材です。

こちらも、参考になる動画を貼っておきます↓↓↓


RESTA DIY講座 クッションフロアの貼り方

 

1から10まで詳しくレクチャーしてくれているのがRESTAさんの動画です。

本当に参考になりますね。

ここでも、ボクの経験を交えて紹介しておきますが、まず注文した壁紙や床材がどのように届くかというと、「注文した分の長さがロールでそのまま」到着します。

壁紙にしろ床材にしろ、「とにかく重い」です。壁紙の場合は、男一人でもなんとか作業は進められましたが、床材は重さのインパクトが違います。

丸太にしがみつく画を想像頂けると早いのですが、持ち上げるだけで一苦労です。

だったら切って小分けにしながらやればいいじゃんって話にもなりますが、ボクの場合10坪しかない物件にそのまま配送してもらったので、狭いスペースで丸太と格闘せざるをえなかった状況です。

なので、もし床材ロールを広げて作業ができるスペースを自宅などに確保できるなら、まずそちらである程度測った寸法に合わせて切ってから搬入することをオススメします。

その他に作業中の感想としては、床材はどうしても厚みがあるのでカッター刃がダメになるのが早いので、ストックは多めに持っておいてほうが吉です。

 

とにかく体力を消耗する作業だけあって、貼り終えた時の達成感と喜びは、残念ながらボクの文才では今は表現しきれませんので、みなさんには実際に体験していただきたいと思います。一つだけ言えるのは、確実な自己の成長を感じられますよ♪

 

⑦外壁はペンキでサクッと

 内装が終わったら、天気が良い日を選んで外壁をペンキで塗ります。ただし、玄関扉や窓枠を新調する場合は、全ての工事が終わってから最後に塗ります。工事前に塗ってしまうと、何か物がぶつかった際に剥げてしまう可能性があり二度手間になりかねません。

以下、参考動画です↓↓↓


大田区のペンキ屋 有限会社サンカラー 外壁塗装【中塗り、上塗り編】

 

ボクが一番神経を使ったのが、この外壁塗りかもしれません。

その理由として、お客様の目に一番最初に映るのが外観のため、素人感をなるべく出さないような出来を意識する必要があったからです。

屋外での作業になるため、カンカン照りの日もあれば曇りの日もあったり、または風が強まったり逆に無風だったりと、天候与件が作業に直結してきます。

そのため、塗りムラがでてしまい、後日再度重ね塗りの必要がでたりと一筋縄ではいきませんでした。ボクの店舗はモルタル壁だったので、ペンキを塗る前と後にそれぞれコーティング剤を施す作業が発生しました。

みなさんの作業する外壁の素材は何なのかをしっかりと判断してから、それに合うペンキとコーティング剤を購入してください。大体のオンラインショップでは詳しく説明書きを載せてくれていますが、不安な場合は近くのホームセンターで直接話を聞いて材料を特定してから、間違えないようにオンラインショップで購入しましょう。

 

◎おわりに

さて、みなさんの目標達成の為に少しは力になれたでしょうか?

ボクはおもいっきりインドア派で文系大学出身の人間で、お恥ずかしながら28歳までほとんどの工具にすら触ったことがありませんでした。なので、普通に生きていたら絶対に関わることがなかった分野です。もちろんプロには及びませんが、お客様を迎え入れることができるレベルまでは自分を高めることができたと思っています。

自分には関係がない」「絶対にできない

そういった成長を止めてしまっている余計な思考を一旦外しましょう

頑張ればできるという言葉に嘘はありません。即行動即実践が重要です。

是非最高に楽しみながらチャレンジしてみてください♪

 

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ
にほんブログ村